%e9%9f%ae%e5%b4%8e%e6%98%87%e4%bb%99%e5%b3%a1_%e3%82%b3%e3%83%96%e3%82%b72

コブシ_韮崎昇仙峡線

コブシ モクレン科

 韮崎昇仙峡_コブシ  韮崎昇仙峡_コブシ2
■モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木
■庭木・街路樹によく植えられる。
■建材として樹皮を付けたまま茶室に用いられることもある。
■枝を折ると芳香が湧出する。
■アイヌ地方では、「オマウクシニ」「オプケニ」と呼ばれ「良い匂いを出す木」「放屁する木」という意味を持つ。
■樹皮は煎じて茶の代わりや風邪薬として飲ませる
■枝先に直径6~10cmの花を咲かせる。
■果実は集合果であり、にぎりこぶし状のデコボコがある。この果実が、コブシの由来である。
■花は、香水の原料にもなる。

植栽路線:韮崎昇仙峡線(東中学校前)  16本