アーカイブ

%e5%9b%bd%e9%81%93141%e5%8f%b7%e3%82%b1%e3%83%a4%e3%82%ad2

ケヤキ_国道141号

ケヤキ ニレ科

%e5%9b%bd%e9%81%93141%e5%8f%b7%e3%82%b1%e3%83%a4%e3%82%ad %e5%9b%bd%e9%81%93141%e5%8f%b7%e3%82%b1%e3%83%a4%e3%82%ad2
■山野に自生丘陵地から山地まで見ることができる。
■庭き・公園・街路樹によく植えられる。
■樹高は、20~25mになる落葉高木。
■樹皮は、灰紫褐色。
■新緑は、一斉に芽吹く。
■葉は互生で、葉身は卵型。
■葉の緑には鋭い鋸歯がある。
■4月~5月に展葉と同時に淡黄緑色の花をつける。
■紅葉の美しい樹木で黄色も赤色もある。

植栽路線:国道141号(七里岩トンネル東)  48 本

%e9%9f%ae%e5%b4%8e%e6%98%87%e4%bb%99%e5%b3%a1_%e3%82%b3%e3%83%96%e3%82%b72

コブシ_韮崎昇仙峡線

コブシ モクレン科

 韮崎昇仙峡_コブシ  韮崎昇仙峡_コブシ2
■モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木
■庭木・街路樹によく植えられる。
■建材として樹皮を付けたまま茶室に用いられることもある。
■枝を折ると芳香が湧出する。
■アイヌ地方では、「オマウクシニ」「オプケニ」と呼ばれ「良い匂いを出す木」「放屁する木」という意味を持つ。
■樹皮は煎じて茶の代わりや風邪薬として飲ませる
■枝先に直径6~10cmの花を咲かせる。
■果実は集合果であり、にぎりこぶし状のデコボコがある。この果実が、コブシの由来である。
■花は、香水の原料にもなる。

植栽路線:韮崎昇仙峡線(東中学校前)  16本

%e7%94%b2%e5%ba%9c%e9%9f%ae%e5%b4%8e%e7%b7%9a_%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%ad1

ハナミズキ_甲府韮崎線

ハナミズキ  ミズキ科

%e7%94%b2%e5%ba%9c%e9%9f%ae%e5%b4%8e%e7%b7%9a_%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%ad %e7%94%b2%e5%ba%9c%e9%9f%ae%e5%b4%8e%e7%b7%9a_%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%ad1
■アメリカを代表する花木で和名でアメリカヤマボウシという。ハナミズキの方がよく知られている落葉高木。
■庭木・街路樹によく植えられる。
■丈夫で育てやすく、若木は枝のまとまりも良い。
■樹皮は、灰黒色
■葉は、楕円形で秋には紅葉する。
■4月下旬~5月上旬に白色や薄いピンク色の花を 咲かせる
■花弁のように見えるのは総苞で中心の塊が花序である。
■花は直径5㎜程度の目立たない花が集合している。

植栽路線:甲府韮崎線(本町通り)  249本

%e5%9b%bd%e9%81%93141%e5%8f%b7_%e9%a0%88%e7%8e%89%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b9icyou

イチョウ_国道141号

イチョウ チョウ科

 国道141号_須玉バイパスイチ2
■中国原産の特殊な針葉樹で裸子植物。
■黄葉時の美しさと剪定に強いという特性から街路樹や公園樹として利用される。
■生息が早く木目と肌がキレイで加工しやすいので、将棋の盤や駒、マナ板、仏具、彫刻など様々な形で利用されます。
■葉は、扇形で葉脈は原始的な平行脈を持ち、二又分枝して付け根から先端まで伸びる。
■落葉前の葉は、鮮やかな黄色に黄葉し、並木道などでは風物になることも多い。
■葉が落ちるころ、銀杏(ギンナン)と呼ばれる果実や種子が実る。

植栽路線:国道141号(須玉バイパス)  261 本

国道141_ヤマボウシ

ヤマボウシ_国道141号

ヤマボウシ ミズキ科

国道141_ヤマボウシ
■ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
■庭木や街路樹に植えられる。
■名前は総苞片を坊主頭と頭巾に見立てたことから。
■日本原産。
■ハナミズキに似ているがヤマボウシの総苞片は先端が尖っているのに対して、ハナミズキの総苞片は丸くなっている等、違いがある。
■葉は対生し、卵状楕円形で急鋭尖頭。
■5月から6月頃白い十字架形の花を咲かせる。
■秋に丸い赤い実をならせ少し甘く食べられる。

植栽路線:国道141号  809本

茅野北杜韮崎線ハナミズキ

ハナミズキ_茅野北杜韮崎線

ハナミズキ   ミズキ 科

茅野北杜韮崎線ハナミズキ300 茅野北杜韮崎線ハナミズキ
■別名 アメリカヤマボウシ
■ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
■ハナミズキの名はミズキの仲間で花が目立つことに由来する。
■庭木のほか街路樹として利用される。
■日本における植栽はアメリカ合衆国ワシントンD.Cへソメイヨシノを贈った際、その返礼として贈られたのが始まり。
■花期は4月下旬から5月上旬。
■白色やピンク色の花をつける。
■葉は楕円形で、秋には紅葉する。
■秋につける果実は複合果で赤い。

植栽路線:茅野北杜韮崎線(七里岩ライン) 94本

北杜富士見線イロハモミジ2

イロハモミジ_北杜富士見線

イロハモミジ  カエデ科

  北杜富士見線イロハモミジ1   北杜富士見線イロハモミジ2
■カエデ科カエデ属の落葉広葉樹。
■主に太平洋側に生育する。
■庭園や公園等によく植えられる。
■雌雄異株。
■葉は扇形で、葉脈は平行脈。
■晩秋に黄葉し、冬には落葉する。
■雄木と雌木があり、雌花は花後に種子をつける。

植栽路線:北杜富士見線     177本

ku_ichou

イチョウ_国道141号

イチョウ イチョウ科 

■イチョウ科イチョウ属。中国原産。
■1科1属1種。生きている化石と言われる。
■公園や街路樹によく植えられる。
■燃えにくくて。大気汚染や寒さに強い。
■雌雄異株。
■葉は扇形で、葉脈は平行脈。
■晩秋に黄葉し、冬には落葉する。
■雄木と雌木があり、雌花は花後に種子をつける。

植栽路線:国道141号 557本